連休明けの狂騒状態がいったん一段落ついてきたぞ。
イラスト関係のお知らせが2件、漫画のお知らせが1件あります。

  • 今月発行の6月号から「読楽」(徳間書店)で始まる小路幸也先生の「国道食堂」という小説の挿絵を毎月担当いたします。完全初出の新連載で、国道沿いの食堂の一風変わった店主のもとに様々な過去を持つ男女が訪れてつながっていくお話です。今後も普段はめったに描くことのないタイプのいろいろな人やモノを描く機会にめぐまれそうでとても楽しみです。
  • 小路幸也先生の小説は「東京バンドワゴン」等を普通にただの一介の読者として愛読していましたので、お話をいただいて本当に嬉しいというか恐縮しました。初めての白黒挿絵ですが、試行錯誤しながら毎月いい絵を描いていきたい。

  • こちらは書影がまだですが、6/11(月)刊行予定の単行本「17✕63―鷹代航は覚えている―」(水生大海先生)の装画を担当いたしました。Web連載時にもバナーの絵を担当していたお話で、17歳孫と63歳おじいちゃんの異色な入れ替わり物語です。基本はミステリーっぽく、しかし入れ替わりファンタジーでもあり、いろんな味が楽しめます。ぜひぜひ!
  • ちなみにいま色校が終わった段階ですが、発色が凄くてすごいです(語彙)。強いシアン系の背景にピンクの特色がめちゃめちゃ目立つ。しっとりしたエンボス系特殊紙も最高。早く現物をお目にかけたいです。

  • あと漫画のほう「おくたまのまじょ」連載4話の更新、ほんとうにお待たせしております。5月最終週の予定でしたが1週ずれて6月頭6/7(木)になりました。月の真ん中に結構盛大に体調を崩してしまい…大変すみません!なので6月は月初と月末に2回更新があるという感じになります。多分。
  • 「おくたま」はこのまま行くと秋頃に単行本になるのではないか?というペースです。緊張感高まる。4話にしてようやくキャラクターの感じとか、お話の感じとかが掴めてきた感じがします。どんどん面白いお話にしていきたい。

  • あと今年はもう1件、イラスト関係の自著のお知らせができそうなのでこちらもがんばっていい感じのあれにしていきたいと思います。どデカい実りの秋迎えたい。引き続きよろしくお願いします。