• 10月13日に刊行される単行本、「くじら島のナミ」(浜口 倫太郎先生) の表紙を描かせていただきました。版元はDiscover21さま。素敵な機会をいただきありがとうございました。
    内容は「100mを超える巨大鯨のジマが、人間の子供ナミを育てながら色々な荒波をともに乗り越え…」というスケールの大きなお話。規格外のサイズ感をどう表現するか、あれこれ思案しつつ描くのが楽しかったです。子供に読み聞かせながら、大人も楽しめるファンタジーですよ!是非に。
  • 要注目は装丁です。箔押し、豪華~!しかもタイトル部分だけじゃなく、絵にあわせて細かく箔が押されているんですよ…。紙も絶妙な、力強い風合いもありつつ高級感のあるソレで、すばらしい発色で海の色の深みを余すところなく表現していただけています。カバーを外した本体表紙も相当にかわいいです。。写真が下手でごめんなさい。実物でしか伝わらないこの魅力!俺の絵はいいからこの魂のこもった装丁を見てくれ!