山は越えるためにある。
先月、先々月からワーワーとお騒がせしておりました例の大修正作業、本日無事に完了しました。
いや、正確には初校確認するまでだいぶ不安でまだ終わったとは言い切れないところがあるのですが、しかし当初予定していた作業は取り急ぎ全て終わりです。あとは不幸やアクシデントによる遅延がないことを祈るのみ!


無限に続くかと思ったな。

当初の予定から大幅に工数が増え、実態は修正とは名ばかりのリメイク作業になりました。本当に厳しかった……。
しかし最初こそ作業の辛さに文句を言っていたものの、終盤に差し掛かるにつれ何だか育てた子どもらを世に送り出す時的な謎の心境になっていき、すべて終わった今日はアレです。完全に卒業式の日の先生。ちょっと今まあ徹夜明けのテンションも確実にありますが、本当になんだかしんみり。先生、感無量だよ。立派に育ったみんなの旅立つ背中を見ながら、嬉しくて、誇らしくて、ちょっと寂しいよ。いや、作品は発表されても別に私の手を離れていくわけではないのですが。

未熟だけれど意欲と衝動にあふれる過去の作品群と毎日向き合うことで、私自身も今後なにを作っていきたいのか、大事に思うことは何か、否が応でも真面目に考えさせられる、そんな時間を過ごすことができました。本当に先生みたいな感想になっちゃった。今後のことについてもまたいずれ、日を改めて書きたいと思います。


問題児の例。モニタ上ではどれだけ粗くてヤバいかが伝わりづらい

この企画に関してはほかにも、B3イラスト2枚の描き下ろし、図版含め合計2万字程度の文章原稿制作、クロッキー100点超の選別とレイアウト作業などを並行しておこなっていました。長きにわたる戦いであった。初校が無事いい感じに出てハッピーエンドになりますように。

これから月末のコミティアの準備でまだ少しバタつきますが、徐々に平常運転に戻っていきたいです。個人的にやりたいこともたくさんあります。
急ぎでないもの、こちらで止めてしまっていたご返信などを少しずつしていきますが、もし大事なご連絡が漏れている場合は教えてくださいませ。大変すみません。Twitterなどはまだしばらく本人以外も書くことがあるかと思います。引き続きご迷惑をおかけしますが、どうかよろしくお願いいたします。