• 4/18:追記👇 長いのでのちほどさらに記事を分けたいと思います。
  • ちょっと長くなるので記事を分けました。
    いちいち説明することもないかと思ったのですが「仕事遅れてるのにTwitterは頻繁に更新してるね」とか「最近感じ変わったね」という意見もいただくので、一度きちんと書かせてください。
  • Twitterの運用は現在、8~9割知人にお任せしています。1月に初の単行本を出して以来、露出の頻度を減らすわけにいかない時期が続いています。どうか、ご理解ください…!
    単行本はまだ知名度が十分ではない駆け出しの作家(=わたし)の個人名を看板に掲げた本で、現状わたしのTwitterくらいしか拡販力がありません。とはいえ元々は読者さんや他の作家さんやお仕事相手の方との大事なお付き合いの場でもあり、何ヶ月にもわたり告知(主に感想のRT)だけ連投するわけにもいかないです。
  • なので、できるだけ本人がやっていた時と同じように、告知ではないイラストや他の方の告知や普通の日常っぽいツイートも混ぜてやっていく必要があり、こういう運用にするしかないと判断しています。
    ちなみに本人は2月頭から必要最低限しかTwitterを見ていません(見ると気が散って仕事にならないです)。絵は過去に書き溜めたもの、ツイートを書くのもほぼ知人に任せていて(投稿の前に確認はしてます)、DMと必要のあるリプライだけ本人が返信しています。
  • 投稿を人任せにするというのは今回に始まったことではなく、去年も(https://malbeni.com/annnounce/1364/)このような感じでやっていました。宣伝のためには長くTwitterを離れるわけにもいかないため、今後もどうしても忙しいときはこうならざるを得ないと思います。ご理解のほどいただけますよう、どうかよろしくお願いいたします。
  • それと直接にはあまり関係ないことではありますが、投稿の内容についても新年度からはちょっと変えていきたいですね。もっといろんな絵や落書きや写真をのせたり、noteとかもやりたい…。ずっと同じような発信続けるのに完全に飽きてしまっているので。
    加えて毎日のような業務対応(エゴサや感想RT、告知など)、兼業の仕事と絵の仕事との板挟みの生活の中で息抜きどころか気をつかうことばかり多く、正直今は人に任せられてすごく助かっています。
  • でも、元々は好きで始めたことなんです。それは忘れたくない。忙しさとか体調を理由に人に任せたりしてきたのですが、やっぱ根本的な問題はそこじゃないんですよね。愛着の問題です。これまで3年、忙しくても体調が悪くても同人誌は出してきました。やりたいこと、絶対今すぐ自分で発信したい!と思うことならできるはず。時間がなくても自分で更新できる体制を整えて、早めにテコ入れします。今の状況が本当に悔しいので、前以上に自分も、見てる人も楽しめるものにしたい。
  • 現状はそんな感じです。泣き言っていうか悲鳴のような内容になってしまったな。もろもろ立て直していきます。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

(追記)追記部分を別記事にしました。