短編小説の扉絵を描きました。
「機械はなぜ祈るか」南雲マサキ先生
SFマガジン2019年4月号(早川書房)