5月までで本業含む去年一年分の仕事量超えた。5月6月のお知らせです。

  • 世界遺産仁和寺にある四国八十八ヶ所のお堂を擬人化する企画「御室ムスメ88」でキャラクターデザインおよびイラストを1点担当しています。第31番、五台山竹林寺の竹林金嶺さん。性格悪いお嬢様で植物と学問を愛す、お寺の御本尊は文殊菩薩というオーダーで描きました。とってもかわいいと思います。
  • 5月刊行のSFマガジン6月号の表紙イラストを担当しました。少女と本というテーマをいただいたので、一次元(文字の中)の少女と三次元の少女が邂逅する場面を描きました。
  • マイナビ出版「電車であった泣ける話」の文庫装画とモノクロ本文挿画を描きました。何かしら電車にまつわるエモい絵を、というオーダーでそういうものを描きました。本文にもイラスト12点描き下ろしています。
  • 双葉社「パパはユーチューバー」の装画を担当しました。版元の方の強い希望があり、大胆に遠景に小さく人物というミニマルな構成です。こういうのもっと仕事で描きたいですね。
  • 同じく「パパはユーチューバー」の販促用の図解イラスト(?)も担当しています。雰囲気重視の装画で伝えられなかったにぎやかな内容や楽しいキャラクターを描けてよかったです。
  • Adobe frescoキャンペーンのSNS告知用イラストを1枚描き下ろしました。人魚と水辺というお題をいただいたので、水に浸かってる時だけ人魚に戻る女の子のバスルームという設定です。
  • ユニバーサルミュージックさんのプレイリスト用ジャケットイラストとそのSNSプロモーション用の漫画を描きました。連載企画になっておりこの後隔週くらいのペースで続いていきます。かわいい世界を描けて楽しい。
  • 徳間書店「読楽」掲載の小路幸也先生「国道食堂」では今月号も扉を描いております。いよいよ物語が佳境に差し掛かってきました。
  • 1月に始めたインスタのフォロワーさんが3万人を超えました。嬉しいね…。単に数だけの話じゃないです。すでにもう反応がTwitterより全然良いんですよね。妙なSNS人格を求められることもなく、シンプルに作品だけを見て応援してもらえている実感があり、自分の絵にこんなポテンシャルがあったのかと驚いてます。今まで苦しんでたの本当に何だったんだろうな。
  • あと、noteをようやく始めます。6月末から。ずっと個人制作ができず死にそうだったのでこれも嬉しい、本当に。有料月額マガジンも作ります。まだ考え中ですが、基本すべての記事を1週間無料とかにして、月額だと読み放題みたいな感じにしたい。
  • インスタでは海外の方も多いので、7月中にはpatreonも始めたいです。noteとほぼ同じ内容で。海外向けに漫画を翻訳するのは私の言語力ではまだ難しいので、最初はnoteのイラスト部分のみ抜き出す形になるかなと。ここも英語対応したい。今年中にどうにかします。
  • あと海外の人向けにはSociety6とかも始めてみようかなと思ってます(本当は漫画を描きたいが、当面はイラストで訴求していくしかない)。自分の絵のカーテンとかテーブルとか作れるらしくて笑ってる。
  • Twitterのほうも告知と発表に特化したアカウントとしてより充実させていくので、引き続き応援してください。ね。管理は全面的に委託してますが、一応自分でも月1回くらいは見るようにしています。こうなった経緯は1月ごろ書いたので興味ある人はそちらを読んでください。
  • 悲しいことですが完全にTwitterをやめたことで創作もかなり捗るようになりました。こんなに単純なことだったとは。。趣味の漫画や絵も大量にあり、一刻も早く仕上げて公開したい。
  • ようやく、久しぶりに創作が楽しくなりつつあります。絵の調子も完全に全盛期に戻った、というか速さもあるし今が最高じゃないかな?まじで精神的に腐りまくっていた1月が嘘のようですね。このまま今年後半は仕事を減らしてやりたいことに集中できる環境を作りたい。今年はバチバチに仕上げていきます。